【岡田監督の憂鬱】


[TOP]  [Search] [Admin]



「そちらで鍛えてくれ」  
Date_ 2004.04.14
Event U−23日本代表チームギリシア遠征
事件度 5
Comment
栗原勇蔵のプロ3年目シーズンは怒濤のゴールラッシュで始まった。
2月10日ACLビンディン戦(AWAY)で2ゴール、2月25日のA3上海申花戦でもゴールを上げ、好調のうちにリーグ戦の開幕を迎えた。
そうそうたるディフェンス陣の一角で開幕からベンチ入りを果たしたのだ。第1節、2節はサブメンバー、そしてナビ杯初戦ではスタメンで90分間プレーした。
しかし、ナビ杯翌週のリーグ戦第3節(4月3日)からパタっとサブからもはずれはじめた。
なにがあったのか・・・。

その真相は4月14日にU-23に代表招集された際の新聞記事で明らかになった。
 代表メンバー入りを聞いた栗原の第一声は「微妙です」だった。横浜Mでは3日のC大阪戦直前の練習で、岡田武史監督(47)から練習態度を注意され、レギュラー組から外された。その後はベンチ入りもしておらず、複雑な心境だ。この日も岡田監督に1人呼ばれ、代表入りを伝えられたが「また説教かと思いましたよ」と苦笑いした。


ちなみに岡田監督は当時のU-23代表山本昌邦監督に勇蔵を推薦する際に「そちらで鍛えてくれ」と言ったということだ。
推薦したのか、実は持て余し気味だったのか、、、。
 2009/12/08(火)/00:26:12  No.89

現行ログ/ [1]

No USER PASS


[BACK]

[管理]  [総合管理]  [TOP]

shiromuku(u1)COOK version 2.10