【謎の泣かせ文句】


[TOP]  [Search] [Admin]



「今マリノスのユニを着てなんとかできるのは俺たちだけ」  
Date_ 2009.06.22
Event J1第14節浦和戦@日産スタジアム
事件度 5
Comment
この年のJ1リーグ戦は5月末から6月20日までが中断期間であった。この期間中マリノスはマスコミの注目を集めていた。中村俊輔の移籍問題である。
マリノスへの復帰確実と一時報じられたが、ついに交渉は成立せず俊輔がマリノスに戻ってくることはなかった。
選手は内部にいながら交渉の過程も知らされず、逆に記者陣が尋ねられる状況だったらしい。
新聞にはマリノス内部の不協和音も日々報じられ、選手は不安を抱えて中断明けの浦和戦に臨むことになったのだ。

横浜開港150年記念ユニフォームで臨んだ第14節、結果は周囲の不安を吹き飛ばす2−0での久々の快勝だった。
スタジアムが安堵と笑顔に包まれた幸せな日曜日だった。

その感動覚めやらぬ月曜の朝、新しい感動がネットを走り抜けた。
600 :U-名無しさん@実況はサッカーch:2009/06/22(月) 10:39:36 ID:UP・・・・
 そんなことより「ら」すれにあった産経の記事
 勇蔵カッコヨス

3 名前:U-名無しさん@実況はサッカーch[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 10:04:50 ID:YChS・・・・
産経新聞
点差以上にマリノスの快勝だった
試合内容・運動量とも浦和を圧倒し
何よりも勝つんだという気持ちがペンを握る私にもひしひしと伝わってきた
試合後にこの日も豊富な運動量で勝利に貢献した坂田が明るい顔で語った
「ここ数日、ピッチ外のことでいろいろ騒がれて選手も疲れていたこもあったしムードもよくはなかった、だけど昨日のミーティングで勇蔵(栗原)がいまマリノスのユニホームを着てなんとかできるのは俺たちだけ、目の前の試合に勝つことに専念しようって言葉にムードはかわった、ナビスコ杯からいい流れで来ているしやれるよ」と語った。
強いマリノスが戻ってきた。

坂巻


某巨大掲示板に踊ったこの書き込みはSNSやブログを通してマリノスファンにあっという間に広まった。

副キャプテンとしての自覚に溢れ、全員の結束を促す正に名言である。事件簿編集部としてはこれを大事件として記事にしない手はない。さっそくその朝から証拠集めにかかった。

ところが・・・。
 2010/01/20(水)/23:32:50  No.97

歴史的名言の大オチは...  
Date_ 2009.06.22
Event J1第14節浦和戦@日産スタジアム
事件度 5
Comment
編集部は総動員をかけてその元ネタ探しにかかった。

出典は産経新聞とある。
090307

見あたらない。どういうことだろう?
産経スポーツも調べたがそこにも見あたらない。
もちろんネットニュースにも見あたらない。

投稿の時間からして朝刊のはずであるから夕刊フジということもない。

大阪版ではないかとの意見があり大阪版も調べてみた。
090307

そこには勇蔵が高原とマッチアップする写真が掲載されておりあきらかに東京版とは内容が違っていたが、それでも上のセリフは載っていない。

匿名掲示板を信じたのがいけなかったのか?しかしガセネタにしては出来すぎている。

ネタ元はどこへ行ってしまったのか?
栗原勇蔵の歴史的名言は「出典不明」という大オチがついてしまったのだった。
 2010/01/21(木)/00:18:07  No.98

現行ログ/ [1]

No USER PASS


[BACK]

[管理]  [総合管理]  [TOP]

shiromuku(u1)COOK version 2.10