【グアテマラの誘惑【大阪事件簿-3】】


[TOP]  [Search] [Admin]



新体制下での代表選出  
Date_ 2010.09.04
Event キリンチャレンジカップvsパラグアイ @日産スタジアム
事件度 5
Comment
ワールドカップ南アフリカ大会が終わり、日本代表は新しい4年間を迎えることとなった。
その初戦は9月4日のパラグアイ戦、そして9月7日のグアテマラ戦であった。
栗原勇蔵はその新しい代表に選出された。
新監督のアルベルト・ザッケローニが未着任だったとは言え、新体制の最初にメンバーとして名を連ねることは今後の代表定着に向けて大変重要なことであった。

2010013020100130
パラグアイ戦の会場は日産スタジアム、練習も三ツ沢球技場で行われ、勇蔵にとっては地の利も働いていた。
本人もやる気まんまんである。
そして、本田や香川とともに、そして中澤佑二との2センターバックで試合は始まった。
 2011/01/25(火)/16:50:44  No.120

勇蔵の横浜愛  
Date_ 2010.09.04
Event キリンチャレンジカップvsパラグアイ@日産スタジアム
事件度 5
Comment
20100130
前半の守備は無難にこなし、ヘディングシュートも2本はなって高さもアピールした。上々な滑り出しだった。
ワールドカップメンバーとも前回のセルビア戦よりはずっと連携がとれていたように見受けられた。

しかし香川の先制ゴールが生まれた直後の68分、相手にかわされ慌てて体の向きを変えた瞬間、足を痛めた勇蔵はそのままピッチを出てしまった。

そして翌日、勇蔵は代表チームを離脱した、
横浜から一歩も出ないままに。

そう、次のグアテマラ戦の開催地は大阪だった・・・。

5ヶ月前の『大阪には二度と行かない』を守った義理堅い栗原勇蔵なのだった。

(※左ふくらはぎを痛めたということだったが、傷めた二日後にはマリノスタウンの練習に合流しており、その週末の川崎戦では大車輪の活躍で3-0の完封勝利に貢献している。代表よりチーム第一ということが証明された、ということにしておこう。)
 2011/01/25(火)/17:33:15  No.121

現行ログ/ [1]

No USER PASS


[BACK]

[管理]  [総合管理]  [TOP]

shiromuku(u1)COOK version 2.10