【『メッシも人間』】


[TOP]  [Search] [Admin]



勇蔵節全開  
Date_ 2010.10.08
Event キリンチャレンジカップvsアルゼンチン代表
事件度 5
Comment
201010052010年10月5日、アルベルト・ザッケローニ監督による代表チームが始動した。
前回の原代行監督による合宿とキリン杯を途中離脱し、次はもうないのではと
不安に駆られるファンも多かったと聞くが、新監督の目には栗原勇蔵は必要選手と判断されたようだ。


新代表チームの初戦の相手はアルゼンチン代表。ミリート、カンビアッソ、テベスらスター選手をずらっと揃えて日本にやってきた。一番の注目はメッシだった。

栗原勇蔵は今野とセンターバックコンビを組み先発フル出場を果たした。そして1−0の完封勝利である。
20101008

試合後のミックスゾーンではいやがおうにも饒舌になる。
そしてこんな言葉が活字となり紙面に踊った。
『メッシも人間だった。2、3人でいけばなんとかなった』

歴史的、いやひょっとすると世界的名言であった。
20101005

 2013/03/01(金)/00:34:14  No.154

アルゼンチン戦メンバー  
Date_ 2010.10.08
Event ザッケローニ体勢初合宿
事件度 5
Comment
この試合のベンチ入りメンバーは以下の通り。

スターティングメンバー
川島永嗣 長友佑都 内田篤人 栗原勇蔵
遠藤保仁 今野泰幸 長谷部誠 (Cap.)
岡崎慎司 香川真司 本田圭佑 森本貴幸

サブメンバー
西川周作 権田修一 駒野友一 槙野智章
前田遼一 金崎夢生 関口訓充

(吉田麻也は怪我により離脱中であった。)
 2013/03/01(金)/00:47:44  No.155

やはり人間じゃない?  
Date_ 2014.6.28
Event ブラジルワールドカップ
事件度 5
Comment
そして4年後のワールドカップブラジル大会。

ブラジルに行っているはずだった栗原勇蔵は日本の遠征先でTBSのインタビューに答えていた。
20140628-1


ブラジル大会前半戦のベストゴールは?という質問に対して、栗原勇蔵が選んだのは、、、
20140628-2

メッシのボスニアヘルツェゴビナ戦でのゴールだった。

メッシも人間だけれど、しかしやはり人間以上だ、という内容の(意訳)メッシ絶賛なコメントであった。
4年前「なんとかなった」とコメントしたのははったりで、実はその凄さを実感していた栗原勇蔵であった。
 2014/07/30(水)/22:06:53  No.167

現行ログ/ [1]

No USER PASS


[BACK]

[管理]  [総合管理]  [TOP]

shiromuku(u1)COOK version 2.10