【最後のジョージ】


[TOP]  [Search] [Admin]



柏原主審最後の試合  
Date_ 2011.06.11
Event J1第14節vs柏レイソル @日産スタジアム
事件度 3
Comment
20110611-12011年6月11日のホーム柏レイソル戦、序盤戦で好調同士の対戦はメディアの注目を集めていたが、もうひとつ別の話題があった。柏原丈二主審の審判としての最後の試合だったのだ。

柏原主審と言えば「危険なジョージ」などと揶揄されカードの乱発や微妙な判定の多い主審とサポーターの批判も多かった。

実際J2最多の1試合12イエローカード(20007年湘南vs東京V)という記録を持っていたり、2007年の新潟ーマリノス戦ではあの「隊長の受難」(2007カテゴリー参照)で知られる大誤審もあった。


そんな柏原主審が最後に笛を吹く試合は日産スタジアムのマリノス戦だった。

J2で90試合、J1で180試合で主審を勤めた柏原主審、
その最後の試合での記念すべき最後のイエローカードをもらったのは、

栗原勇蔵であった。
(※781枚目だったとの記録は確認中)
20110611-3kashihara

(※その最後のカードは柏原主審が遅れてカードを出したため、現地においてもいつ誰に対して出たのか気づいた人は少なかった。しかも中継にも映っていない‥‥、極めて残念である。)
柏原主審には、当事件簿においても不可欠な脇役を務めていただいたことをここに感謝する次第である。
 2012/01/09(月)/23:32:02  No.134

現行ログ/ [1]

No USER PASS


[BACK]

[管理]  [総合管理]  [TOP]

shiromuku(u1)COOK version 2.10